肌の上から透けて見える黒いポツポツ!埋没毛の原因と改善する方法

ムダ毛処理に伴う肌トラブルは色々とありますが、埋没毛もその1つですね。
肌を出す季節に埋没毛があると恥ずかしいですし、どうやったら改善できるのか知りたい人もいることでしょう。
そこで、埋没毛の原因と埋没毛をなくす方法について、紹介しましょう。

埋没毛の原因は間違ったムダ毛処理

肌の下にポツポツと黒く目立っている埋没毛はカッコ悪いですし、夏場など肌を出すこともできませんね。
そんな埋没毛の原因は何なのかを紹介しましょう。

皮膚の下で成長する埋没毛

埋没毛はその名の通り、皮膚の下に埋まって出て来られなくなったムダ毛のことです。
肌は何らかのダメージを受けてしまうと、それを治そうとして角質などを厚くしてしまいます。
ちょうどすり傷や切り傷ができてしまうと、かさぶたになって肌を守るような感じですね。
肌が角質を厚くしてしまいますから、新たに生えてきたムダ毛は角質を破れずに皮膚の下で成長してしまいます。
そのため、黒くポツポツと埋没毛が目立ってしまうわけですね。

肌ダメージ大のムダ毛処理の影響

毛抜きや脱毛ワックスなど、抜く系のムダ毛処理は肌や毛穴に大ダメージを与えてしまいます。
肌や毛穴が傷ついてしまって正常にムダ毛が成長できなくなり、埋没毛となってしまいますね。
カミソリでの自己処理も埋没毛を作ってしまいます。
ムダ毛を剃る時に肌の角質まで一緒に剃ってしまって、繰り返しダメージを与えることで埋没毛になってしまいます。
間違ったムダ毛処理で、肌へのダメージが継続的に加わるのが一番の原因です。
つまり、ムダ毛の自己処理を止めて脱毛に通えば、埋没毛も改善されてきます。

脱毛は埋没毛を作らない安全な方法

脱毛は肌にダメージを与えることなく、ムダ毛だけをターゲットにして徐々に減らしてくれます。
ムダ毛を減らせるのに肌ダメージがありませんから、埋没毛も徐々に改善されてきますね。
毛も正常に成長できるようになり、肌のターンオーバーも正常化してくれます。
回数を重ねるほどどんどんムダ毛が薄くなり、生えてくるスピードも遅くなりますね。
今は全身脱毛も安くなっていますから、埋没毛が気になるならすっきりと脱毛に通ってしまいましょう。
全身脱毛は必要ないという人ならセット脱毛やカスタマイズできる全身脱毛で、埋没毛やムダ毛が気になる部位のみ脱毛してしまうのがおすすめです。

保湿と角質ケアの徹底

埋没毛は脱毛に通いながら、自分でもケアしてあげると早く改善されますね。
乾燥すると角質が厚くなりやすいですから、しっかりと保湿して肌に潤いを与えてあげましょう。
また、週に1回くらい埋没毛が気になる部位の角質ケアをすると、ターンオーバーも正常化されて柔軟な肌を取り戻せます。